パークゴルフの春オープン情報

パークゴルフの春オープン情報が次々と飛び込んできます(・ω・)ぴかぴか(新しい)

胆振地区では、白老町のほくようパークゴルフ場が3月13日(土)オープン、これが最速ですねわーい(嬉しい顔)

JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会の胆振地区予選会場である、室蘭市の花の丘パークゴルフ場は4月1日(木)がオープン日のようです。

熱い戦いがいよいよ始まるんですねo(^−^o)




さて、本日のもんきちは・・・


風邪でダウンしています/(x~x)\あせあせ(飛び散る汗)


予定では、早来町の佐藤農園屋内パークゴルフ場へ練習に行く予定だったのですが・・・残念。

そんなわけで、今日はおとなしく自宅療養しています。
(みなさんも風邪には注意してくださいね^^)


※佐藤農園屋内パークゴルフ場で、3月6日(土)に大会があるんです。「春パークゴルフの序章(プレ大会)」的な位置づけで、胆振地区のパークゴルフトッププレーヤーが集結することでしょう。
とても楽しみです(@^∇^@)



さてさて、第10回金杯(糸井の森パークゴルフ場)の話題に行きましょう^^

もんきち、110(53・57)で、グロス11位タイ(>_<;)
(この日のグロストップは、斉藤政美選手の103(54・49))

一緒に遠征した、無冠の帝王TAKEさんが106(50・56)で、グロス4位の好スコアをたたき出しています。
(*´∇`*)やったね。



ここでもんきち、今シーズンの課題・・・というか、プレーの流れ・スコアメイクの流れを再検討したいと思います。

これ、結構重要なことだと思います、付いてきてくださいね\(・_・)


第10回金杯、前半1ラウンド目は「53」。出だしとしてはまずまずで、「後半の爆発に期待」といったところでした。

そして後半、難しいといわれているBコースでもんきち、「21」と大爆発(なんと1ホールから6ホールまで連続2でした)。

完全に優勝パターンです。

内心、「100をどれだけ下回れるか」と、変な計算モードに入っていました(・ω・;)



そして、最後Aコース・・・・・「36」。

_| ̄|○ ガクッ



36って・・・・・ありえない崩れ方です。

メンタル的な問題でしょうか。


そういえば、先日、佐藤農園屋内パークゴルフ場での練習ラウンドで、白コース「19」(2が8つ)をたたき出して周囲を驚かせたときも、後半は超ボロボロ、「別人28号だね」と親父ギャグを浴びせられたことがありました(^。^;)


ゴルフには「平均の法則」というのが働いて、良いときがあれば、その反動で苦しいラウンドが訪れるという人がいます。

科学的にはどうなのか良く分かりませんが、もんきちの経験(たいした経験値じゃないですが)からいうと、当たっているような気がします。


今シーズンのもんきち、この爆発力を上手に活用し、そのあとのラウンドをいつも通り「平常心」普段着の安全プレーを心がけて行きたいと思います。


「貯金」は貯金として、しっかり蓄えておかないと、格上のプレーヤー相手に戦うことは出来ませんからね。


パークゴルフは「精神的なマネジメント」もとても重要。


またひとつ、利口になったもんきちです。(−ω☆)

パークゴルフ反省レポート

パークゴルフのシーズン(芝上)がすぐそこに近づいて来ましたね(・ω・)ワクワク

みなさん、準備はいいですか。がんばっていきましょう〜ひらめき


さて、先日行われました「糸井の森PG場 第9回金杯大会」でボロボロだったことを受けて、その原因と反省をアップ。みなさんとシェアしたいと思います( T _ T )


大会での成績(スコア)と集中力は、とっても大きな関係があると思いますゴルフ

心身ともに良い状態のときは、スコアもいいですよねわーい(嬉しい顔)


この日のもんきち、集中力がかなり低下していたと思います。

不用意なOBやティーショットでのダフリ。パット時のラインも全然見えていませんでしたがく〜(落胆した顔)

「ラインが分からないからとりあえず打つ」みたいな感じ。

パットって、狙って入れに行かないとなかなか入るもんじゃないですもんね。



この日、もんきちとしては「初」の大会2連戦でした(前日は、佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会)。

佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会での「トップテン入り」を目標に、ずっと朝練習をしてきました。



1日目のこの大会で、全て出し切ってしまった感があります。

佐藤農園大会では、パット時もライン上の芝1本1本まではっきりと見えていて、カップインのラインが帯としてイメージできていました。(こんな経験、初めてで、とても不思議な感じでした)


2日目はまったく逆。ラインを読むのもつらい(おっくう)といった感じですあせあせ(飛び散る汗)


集中力や体力が、大会2連戦という過酷な条件で戦うには未熟だったということでしょうか。

この辺は、夏シーズンに向けての大きな課題となりました。



それともう一つ。

9回金杯大会では、とことんカップに嫌われていました。

カップのヘリを10回くらいクルッとまわりました。

また、はまりホールでは、強めに打ったボールがカップイン・・・・と思いきやカップの底から飛び出してきたというのもありました。

「うゎぁ、カップがボールを吐き出したぁ( ̄Д ̄;) ガーン」


この、意図的とも思える現象・・・


これにはもんきち、心当たりあります。


1日目の「佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会」で、ちょっといい成績を出したもんで、浮かれていた(調子に乗っていた)感があったんです。


「もんきち、パークゴルフ、かなり上達したなぁ( ̄ー ̄)(自画自賛)」


こんなおバカなもんきちに、パークゴルフの神様が怒ったに違いありません。


深く反省しております。

そして、このことに気づけたことに、深く感謝いたします。


パークゴルフ道の入り口を、やっと入りかけている程度のもんきちです。

これからも、驕ることなく、地道に努力してまいりますm(_ _)m


どうぞよろしくお願いいたします(・ω・)


次回、2月19日の糸井の森PG場金杯大会は第10回の記念大会で、個人戦での最終戦になります。

この冬、もんきちを鍛え上げてくれた「金杯大会」。ありがとーぴかぴか(新しい)


ひと皮向けたもんきちをお見せできるよう、しっかりと準備してのぞみますよo(^−^)o

糸井の森PG場 第9回金杯大会結果速報

糸井の森パークゴルフ場(北海道苫小牧市)

第9回金杯大会(2010年2月12日(金))
結果速報です(・ω・)

男子グロス成績   グロス  1R・2R

1位 柳川秀一    98   50・48
2位 伊藤勇次郎  101  50・51
3位 西野信一   103  53・50
3位 堀内勲    103  52・51
5位 秋元逸男   104  50・54
6位 千葉明    105  48・57
6位 荒木賢三   105  57・48
6位 門口進    105  51・54
6位 栗原弘    105  51・54
10位 竹村修一   106  56・50
10位 真鍋和良   106  50・58

54位 もんきち   121  63・58あせあせ(飛び散る汗)

グロス・ネット、ともに優勝の柳川秀一選手、おめでとうございます
\(‘∇‘ *)ぴかぴか(新しい)

悪条件の中、勝ち抜く人が、本当の”上手いプレーヤー”だと思います。


太陽が出ると融けて、曇るとカチコチに凍るという超難しいコンディション晴れ雪

もんきち、まったく対応できませんでした(>_<;)

はまりホールで打ち止め3回。!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン・ガーン・ガーン


完敗ですが、とても多くのことを学びました。


次回、反省レポートをアップいたします(・ω・;)

佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会結果速報

佐藤農園冬季室内パークゴルフ場で行われました、月刊パークゴルフ新聞主催「北海道冬物語パークゴルフ大会」の結果速報です(・ω・)

胆振地区、道央地区、そして、遠くは道南地区からのパークゴルフ腕自慢大集結の大会となりましたぴかぴか(新しい)

やはり、ふかふかの芝の上でのプレー、最高ですね。早く春が来ないかな。


北海道冬物語パークゴルフ大会(佐藤農園冬季室内パークゴルフ場)結果(18H×3R)2010年2月11日(木)

男子トップテンひらめき

優勝  坂井政幸  141  
準優勝 斉藤儀美  144  
3位  赤谷良文  146
4位  もんきち  147  
5位  館川勝弘  147
6位  難波敦雄  148
7位  落合順一  149
8位  高坂弘   149
9位  佐々木功  149
10位  栗原弘   150

今年のもんきち、いけるかもるんるん


さて、久々のブログ更新です。スイマセンたらーっ(汗)

書くネタはたくさんあるのですが、朝練習の時間と睡眠時間を確保するのがやっとといった感じです(・ω・;)ゴメンネ

これからも、パークゴルフ情報を(もんきち情報を)発信していきます。よろしくかわいいかわいいかわいい

※和み家阿僧祇(なごみやあそうぎ)さん、いつもコメントありがとうございます。
今年2010年のJALカップ全日本パークゴルフ選手権大会 会場は花夢里(カムリ)パークゴルフ場(恵庭)に決まりましたね。もんきちも花夢里の会員になって、練習を積もうと考えています。
まぁ、その前に予選を通過しなくてはなりませんけど;
花夢里情報、いろいろと教えてください。よろしくお願いいたします。