U−50日本代表選考会

パット練習って、即効性があるんでしょうか(・ω・)
調子・・・イイです。


苫小牧・糸井の森パークゴルフ場へ練習ラウンド、行ってきました。

コーヒーとお菓子までご馳走になって、、、
いつもありがとうございます(・u・)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本日は、みんパゴ フレンドのラッキーさんとの練習ラウンドで、
とても勉強になりました。

アゲダマを正確にコントロールするプレーヤーって少ないんですが、
普段の持ち玉が”アゲダマ系”、、というツワモノ選手。

目からウロコ、落ちまくりです(@o@)。


全日本など、ビッグ大会に見られる最近の傾向、、、厄介な深いラフ。。

キャリーで長距離を運ぶ技術が求められるコース、、ありますよね。


アゲダマのコツをいろいろと教えていただきました(・u・)ラッキー

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

11月20日(日)、苫小牧・糸井の森パークゴルフ場にて、

『第二回 U−50日本代表選考会』が開催されます。

参加資格は50歳以下であれば、だれでもOK。


日本代表選考会って・・・(・ω・;)


いえいえ、、ご心配なく(・u・)

名前はごついですが、柔らかい雰囲気のコンペです。


詳しくは、糸井の森パークゴルフ場へお問い合わせくださいね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

芝はまだ夏モード

ホーム・糸井の森パークゴルフ場に、練習に行ってきました(・ω・)
2ヶ月半ぶりのホームコース、、芝はまだ夏モードでした、、グッド。

距離感が難しく、突き抜け連発。
でも、しっかりとデータ取ってきましたよ。

今後の予定試合は、

11月20日(日)第二回 U−50日本代表選考会
11月27日(日)クローズ杯
(いずれも、糸井の森パークゴルフ場)

芝の感触をしっかりとかみしめて、感謝してプレーしたいですね(・u・)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲゲゲのおじさん、こんばんは(・ω・)

『基本的には、4月中旬まで冬眠となり〜』って、、
冬期間の練習、大変ですね。

こちらは”ハウス”がありますので、
冬期間も試合感覚は維持できます。

でも、自宅内での地味なパット練習やアプローチ練習なども効果大。

最近は、ホームセンターで買ってきた「水をいっぱい吸うタオル(ヒダヒダのついたやつ)」の上にスポンジボールを直置きしてアプローチ練習しています。

あと、朝練のメニューに「パット練習」を入れました。
これは、スコアアップに直結すると思います。
試合でも、結局最後はパッティングですもんね。

今シーズン感じた「トップグループとの差」、、
それは”ショートゲームの差”です。

今冬は、しっかりとその辺を磨いていきます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

冬用の赤いエアジェット(試合球)を買ってきました。
(普段は白玉しか使わないのですが)

これで、いつ雪が降っても大丈夫だなぁ(・ω・)

素朴な疑問なんですが

パークゴルフシーズンもあとわずか、、
ひたひたと冬の足音が近づいてきました(・ω・)

各パークゴルフ場では「グランドチャンピオン戦」が開催され、
一年間の総決算となっていますね。

みなさん、ファイトです。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲゲゲのおじさん(@@)、こんにちは(・ω・)

山形県も、ファンヒーター&こたつ稼動ですか、、
特に朝晩の冷え込みが厳しい季節(昼間は結構暖かかったりしますね)。

風邪などひかないように。。


『湯治も兼ねて、温泉宿に2泊の強化遠征』は良いですね、、
テーマを決めて、集中して練習できそうです。


また、『1打目の狙いとFW・グリーンのクセは、初ラウンド時に地元のトッププレーヤーと同伴し把握するに限ります』は、
本当にその通りですね、、
自分も地方パークゴルフ場でのデータ取りの時は、いつもお世話になっています。


ところで、素朴な疑問なんですが・・・

山形県のパークゴルファーの方々は、冬期間どうしているんですか。

雪上コースやハウス等、あるんでしょうか(・ω・)? それとも”冬眠(笑)”。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2011年度シーズンは、自分にとってものすごく充実した一年でした。

全日本をはじめ、いろいろなビッグ大会で、
多くのトッププレーヤーの技術・競技に対する姿勢に触れることが出来ました。

中でも一番大きかったのが、
新世代のエース、興部町のカリスマパークゴルファー・タイガーさんと練習ラウンドできたこと。

その圧倒的な地力の差にびっくり、競技パークに対する考え方が変わりました。

今後の競技パークゴルフも若手の参入に伴って、
こういった身体能力の高い、優秀な選手がゴロゴロ出てくるんでしょうね(・ω・;)



今シーズンは、技術的な進歩も劇的でした(自分で言うのも変ですが・・・)

アプローチの距離感が少し分かるようになりました。
これで、かなり「苦しい3」を拾いましたね。


それと「ティーショット」。

全日本の直前からオープンスタンスに変えたんですが、
これで完全に”ワンランクアップ”した感があります(自分で言うのも変ですが・・・2回目)

きれいなライナーボールを打てるようになりました。

見た目も”上級者”っぽいですし(自分で言うのも・・・3回目(・ω・;) )


2012年へステップアップするためにも、
今月ブログは、今年度をもう少し振り返ってみますね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

レイクヒルパークゴルフ場・噴火湾パークゴルフ大会

伊達市レイクヒルパークゴルフ場・噴火湾パークゴルフ大会、
行ってきました(・ω・)ぴかぴか(新しい)

今年度、JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会、総合第9位・森町の松田守選手も参戦とあって、盛り上がりました。

参加選手全員が”格上”で、思いっきり胸を借りる感じでしたね。


大会結果

優勝   及川選手 104
準優勝  羽田健一 105 (マスターズ・赤谷軍団
3位   栗原弘  106 (マスターズ・赤谷軍団
4位   山本秀樹 106 (マスターズ 幹事長
5位   小野選手 106
6位   下川選手 107
7位   吉田選手 107
8位   大内昌生 107 (札幌市
9位   高橋選手 107
10位  川村選手 108

13位  もんきち 109 (マスターズ・赤谷軍団

15位  松田守  109 (森町
16位  赤谷良文 110 (マスターズ・赤谷軍団


距離感が難しいドッグレッグと、傾斜のある超高速グリーンにみんな苦戦していました。


自分の「13位」はまぐれですね、、悔しいけど実力じゃないな(自分自身が一番良くわかります)

ただ、自分が設定した「自己パー(※注1)」を淡々とクリアしたのが良かったようです。


今後は、ホームコース、苫小牧市・糸井の森パークゴルフ場で、2012年シーズンに向けて”鍛錬”いたします(・ω・)ノ


※1 自己パーとは=文字通り、自分自身が設定したパーのこと。

設定ルールの基本は「ワンオン・ツーパット」の3。
ワンオンが不可能なドッグレッグや超ロングコースなどは「ツーオン・ツーパット」の4。

この数字が自己パーで、この数字からいくつバーディーが取れるかに挑戦する。

こう考えると、ドッグレッグの「4」はパーですから、基本的にはOk、、
精神的な負担が激減します。

また、ドッグレッグが4で良いと考えると、2打目のOBハマリホールも無茶しないでいけます。
そうすると、不思議と3で行けちゃったりするんですね、、不思議です。。

多くのプレーヤーが、「3」=パーで、競技を進行していると思います。

でも、よく考えてみると、ドッグレッグや超ロングコースのパーを「3」で設定するのって無理があると思います。
少なくとも、自分にはそんな技術と精度はありません。。(・ω・;)ムリ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2012年シーズンは、実力でトップグループに割って入るのが目標。

がんばります

トップグループのスコア

いよいよ明日、JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会以降の初公式戦、伊達市レイクヒルパークゴルフ場・噴火湾パークゴルフ大会参戦です(・ω・)

王者・赤谷選手、札幌の大内選手、北海道パークゴルフオープンのチャンピオン・山本選手、室蘭の星・栗原選手などなど、ビッグネーム大集結です。

そして、迎え撃つ地元・伊達勢。


伊達の選手って、あんまり遠征しないですよね。
でも、渋い名選手がとても多いのが特徴、、とても勉強になります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲゲゲのおじさん(@@)、こんばんは(・ω・)ノ

宮城県遠征お疲れ様でした。
スコア「111」「104」、すばらしい好スコアですね。

確実なティーショットと手堅いアプローチが目に浮かびます。

スコア104は、トップグループのスコアと言っていいでしょう。

こちらも、ゲゲゲのおじさんに負けないように精進いたします。
( 明日、トップ選手にもまれてきますね(・ω・;) )

2012年に向けて始動

10月に入り、北海道の空気感は完全に冬モードですね(・ω・)
寒いです、朝晩ストーブたいています。

そして、2012年に向けて、徐々に始動していきたいと思います。


さて、本日、伊達市レイクヒルパークゴルフ場に行ってきました(早朝一番乗り)
10月10日に、同パークゴルフ場で開催される「噴火湾パークゴルフ大会」の練習(データ取り)です。

お天気の予報がはずれ、午前中まさかの大雨。
基本的に雨は全く気にならないんですが・・・寒かったです・・・

午後からは、地元の選手とご一緒させていただきまして、、、
完璧に仕上がりました:\(*^▽^*)/(ホントか?)

この「噴火湾パークゴルフ大会」には、道央地区・胆振地区の最強パークゴルフ軍団「マスターズパークゴルフクラブ」のメンバーが挙って参戦、、濃い〜メンバー勢ぞろい。

地元勢との熱い戦いに大注目です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ぱげちゃん230さん、こんばんは(・ω・)ノ

『ホームコースには約40mのネットで囲まれた打ちっ放し練習場があるので・・・』って、
すごいですね(°口°;) !!
練習はうそをつきません、、積み重ねた努力の分だけ、しっかりと実となってくるでしょう。

10月23日栃木のおやまPGでのスポレク全国交流大会、楽しみですね。
JAL杯を体験したぱげちゃん230さんですから、何か大きな事をやってくれそうな期待大。
がんばってください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲゲゲのおじさん(@@)、こんばんは(・ω・)

ぱげちゃん230さんから、全国大会のお誘いがありましたよ。
年内の全国デビュー、あるか。

第1ホームコースの宮城県あぶくまPGCの浸水、困りましたね。
一日も早い復興をお祈りしています。


『大会で好スコアを出すには、精度アップも含め足りないテクニックあり……』について

精度アップにもいろいろな項目がありますが、基本的にはショットの「左右のばらつき」「前後のばらつき」があげられます。

さて、ショットを目標にむかってまっすぐ飛ばすにはどうすれば良いのでしょうか。

自分は最近、こう考えてショットしています。

『フェースをしっかりと目標に向けてアドレスし、超まっすぐ引いて超まっすぐ振り出す』
(あくまでもイメージです・・・実際はスイングは円を描き、フェースもローテーションしています)

今年、JAL杯で大躍進した、上士幌町の鳥本伸一選手のスイングがお手本になると思います。
徹底的にクラブフェースの向きにこだわっていましたね、、すごかった。

シーズンも終盤戦、がんばってくださいね。

PS.もんきちの2011年度全日程が終了し、義援金の金額も確定しました。
マスターズパークゴルフクラブ会長・山本選手を通じて11月にお送りいたしますね(・ω・)ノ