糸井パーク54【丸秘】攻略表

【緊急更新】

おはようございます(・ω・)

北海道オープン用もんきち「丸秘」攻略表、公開いたします。
データは7月2日現在のピン位置です(大会ポジションではないので注意)

『糸井パーク54』

A1 55(←注、自分の感覚的な距離感です、個人差あり)
テー台右からクロスでピン狙い。まっすぐ打つと右ラフにつかまってしまいます。

A2 26
F(←フェアウエイ)やや右流れ
フェアウエイをまっすぐ

A3 35
誘いピン、注意。
フェアウエイが正解だと思います。ピン直ラフ通しはかなりリスクあり。
グリーン側から見ると、言っている意味分かると思います。

A4 32
ステージグリーンへの打ち上げ。オーバーするとグリーンエッジの長いラフにつかまり超やっかい。
(わざと刈り残しているとのこと(汗))ショートでグリーンオンしなくても「2」狙えます。

A5 U20(←浮かせ=すくい打ちで浮かせぎみに)
打ち下ろしショート。ピン位置によって攻め方が大きく変わります。左の斜面使うか。

A6 U38
ステージグリーン打ち上げ。フェアウエイを通してグリーンへ。

A7 38
グリーンが異常に大きいので、ピン位置によって攻め方変わります。
転がし派の人は、打ち出し箇所でやや右に蹴られます(自分)

A8 U30
ルートは二つあり。「ピン直砲台通し」と「右バンク使用安全コース」
ピン直はつきぬけOBに要注意。

A9 45
気持ちイイ打ちおろしホール。途中で止まると一打損します。
どっかりと下まで打ち込む。けっこうオーバーしても返しが楽です。

 
B1 38
グリーンは右ながれ。Fの左側通しでグリーンオン。
あとはパット勝負。

B2 33
打ち上げ、G(←グリーン)面が見えません。
右に流れますので、F左ねらいで。

B3 25
打ちおろし。左流れのため、F右側通しで。

B4 U45
下って上るF。左の斜面を使う地元プレーヤーもいますが、自分はここピン直で行きます。
ラフは弱いです。

B5 38
巨大グリーン。Fの真ん中を通してGへオン。あとはパット勝負。

B6 A43(←カット打ちで高く上げる)
手前にやっかいなガードバンカーあり。転がし系でもワンオンするルートあるのですが、かなり精度を要します。ここはポーンとアゲダマで。奥のラフまで打ち込むと返しがキツイです、注意。

B7 33
F右流れ。左ラフに打ち込んでワンオンする人もいますが、自分はF左側通しで地味にワンオン狙い。
グリーンにのれば何とかなります、たぶん。

B8 35
Fやや左流れ。ピン直はリスクあり。F右側通しでもちゃんとワンオンできます。

B9 48
左カーブ。これだけ分かりやすい誘いピンに直接打ち込む人、たまにいます(汗)
良い子はまねしないように。Fまっすぐ通しでOK。

C1 45
巨大な砲台を通過して奥へ。ピン右1m狙いでドーンと奥まで打ちましょう。

C2 27
Fやや右流れ。でも、かけすぎるとそのまま左ラフに吸い込まれます。

C3 25
一見サービスホールですが、途中の突き出たラフが悪さします。
自分はラフをかわして右から回します。

C4 45
ロングホールに見えますが、見た目で打つととんでもないことに。
距離感しっかりと。

C5 38
Fを通して、まずは巨大グリーンへ。

C6 18
ころころ山おろし、運試しホール。気合でホールインワン、来い。。

C7 40
F左流れ。正解はF通しでしょう。右土手にドッカリ打ち込むのも面白そうですが、試合ではトラブルやだし。

C8 25
サービスホール

C9 35
F通し

Dコースでいかに稼げるか。

D1 17
サービスホール?

D2 26
ここも距離感だけですね。

D3 25
F通し

D4 27

D5 30
F通し

D6 27

D7 U20

D8 A37
このホールは「F派を落とし入れるホール」では。自分、なかなかまっすぐ通りません。
よって、あえてFを使いません。ピン直で。
ラフ弱いので、ワンオンしなくても3は取れます。

D9 35
Fやや右通しで

みなさん、頑張りましょう(・ω・)では、、