帯広の森雪中パークゴルフ場へ

こんばんは(・ω・)ノぴかぴか(新しい)

昨日の晩、帯広出張から急きょ帰ってきました。
(同室の若手社員が、まさかのインフルエンザ発症の為)

自分も風邪気味ですが、インフルは大丈夫なようです。

次の現場に備え、本日から夢の3連休突入。。。

===========================

行ってた現場は、幕別の忠類。

「ここは地球じゃない」と思うくらい寒かったな〜
(朝礼時、マイナス22度でのラジオ体操って・・・)

それでも、徹底的に走り込みました。
完全防寒対策とマスクして(マスクがないと呼吸できません、本当)

あと、腹筋運動ね。

結局、4人相部屋なのでスイング系の練習が一切できず、走るしかなかったんです。

『ひとり陸上部』、頑張りました(・ω・;)

===========================

休日は、帯広の森雪中パークゴルフ場にも”修行”に行って来ました。
全18ホールで、なんと無料なんです。
さすが”本場”ですね。

雪中は「寄せ勝負」だと思います。
アプローチで確実に寄せておかないと「4」になっちゃいます。

また、日によってタッチが別世界・・・
コース状況を的確につかみ取る技術も問われる感じ。

とても勉強になりました。


2月3日に試合があります。
『第一回財団杯北海道雪中パークゴルフ大会』(帯広の森雪中パークゴルフ場)

張り切ってエントリーしてきたのですが、登別に帰ってきてしまったので・・・
(次の現場がどこなのか・・・。可能なら高速飛ばしてでも出たいです)


そういえば、、1月の佐藤農園屋内パークゴルフ場での試合も『欠場』でした(泣)
今シーズンは、こんな感じで試合出場がかなり厳しくなりそうです。


しかし「ノープロブレム」。


要は気持ち次第。

少ないチャンスを大切に、しっかりと確実に準備いたします。

===========================

宿舎では「ゴルフレッスンコミック」的な雑誌、結構読んでました。
洗濯の合間とか、結構空き時間あるんですよね。

これ、とても良い勉強になります。
深いです。


以下はゴルフレッスンコミック2月号より抜粋


人の一生は重荷を負いて遠き道を行くが如く

急ぐべからず

不自由を常と思えば不足なく
心に欲あらば困窮したる時を思い出すべし

忍耐は無事長久の基

怒りは敵と思え

勝つことばかり知りて
負けることをしらざれば害その身に至る

己を責めて人を責めるな

及ばざるは過ぎたるよりまされり

徳川家康


ゴルフではマキロイやタイガーだって
欲を捨て我慢を強いられるのだ−

開催会場の情報

2013年度、今シーズンの「メジャー戦」開催会場の情報が入ってきました。

北海道オープン=函館
南北海道=北竜
JALカップ=札幌
全日本クラブ対抗戦=恵庭・花夢里
(※ちなみに2014年度の全日本クラブ対抗戦開催地は、我がホーム・糸井の森パークゴルフ場です)

熱い戦いが繰り広げられる事でしょう。

そして、新星は現れるのか。

自分的には「JALカップ」だけは、何としても出場したいものです。
(仕事的に、どうなることか)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

1月3日に「佐藤農園屋内パークゴルフ場」へ行って来ました。

全6ラウンド(赤白18ホール×6回)

スコア @48(26+22)
    A44(24+20)
    B52(28+24)
    C51(29+22)
    D56(35+21)
    E50(27+23)

    平均スコア 50.167

スコアのばらつきが大きいです。
油断するとすぐOBが出ますので要注意。集中して。。

平均スコアで「50点以下」が目標です。

現地、芝の状態は昨年度より良いです。
(まだ、しっかりしています)

これからどんどん速くなっていくんでしょうね(怖)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本日1月4日は、室蘭のパークゴルフ練習場「ジュンスポーツ」へ行って来ました。

2時間みっちりと「あげだま」練習。
今シーズンは、試合でもどんどん使っていきます。

距離はバックスイングで調整していますが、「感覚重視」の感じです。
距離データで機械的にショットする今までとは別感覚で、とても新鮮です。

アプローチにも良い効果が期待できそう、楽しみです(・ω・)

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます(・ω・)アケオメ

行って来ました「糸井の森パークゴルフクラブ」、謹賀新年杯。
お正月からパークゴルフが、しかも屋外の芝生の上でプレーできるなんて。
スタッフのみなさまに心から感謝申し上げます。

スコア106(30+25+26+25)第6位

「なま5」が3つあり、アプローチの繊細なタッチがまだまだなんですね。
特に、王者・赤谷選手やプロフェッショナル・坂井選手とラウンドすると、自分自身が劣っている部分がよくわかります。

2013年、少しでもその差が縮まるよう気合い入れて努力いたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

和み家阿僧祇さん、こんばんは(・ω・)
今シーズンもよろしくお願いいたします。

なかなか一緒にプレーできませんね。
今年こそは是非、、楽しみにしています。

春が待ち遠しいですが、屋内パークも結構楽しいですよ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲゲゲのおじさん、こんばんは(・ω・)
昨年後半の大活躍、完全にトップグループに仲間入りですね(うらやましい)

ラフ越えのロングホールで「2」を取るショット力、見習いたいです。

この冬は「身体作りトレーニング」もしっかりやっていきます。
基礎体力アップで、安定して上位で戦いたいですね。

今年もアドバイス、よろしくお願いします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ティーショット、アプローチ、パッティング。
これにメンタリティ(精神的な部分)とプランニング(戦術・コースマメジメント)を合わせた5本柱が、パークゴルフの重要要素と考えています。

結局、どれもが大切で、それぞれを高めていくことが好スコア・好成績につながっていくんでしょうね。

今年もコツコツ頑張っていきます(・ω・)ノ