パークゴルフ強化トレ001-090623

JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会出場への強化トレ、第一回目です。

雨はやんでいるようで、何日かぶりで太陽を見ました晴れいよいよ夏本番といったところでしょうかわーい(嬉しい顔)

朝から第一屋内練習場(自宅の1階居間のことをこう呼んでいますあせあせ(飛び散る汗))でショートコース想定のティショット練習です。ショートコースのイメージは、だいたい45メートル以内くらいの距離です。

私の場合、ショートコースとミドル・ロングコースのティショットで、パークゴルフクラブのグリップ位置を変えている(短く持つ、長く持つ)のです。

ですから、ショートコース想定の場合、クラブを短く持ってまっすぐ飛ばす練習を行うわけです。

そのやり方は、
1.使用するボールは柔らかいレインボーボール(パークゴルフのボールと同寸法)。
2.2メートル先に直径6センチの筒を立てて、これを狙う。

これだけです。

2メートル先の筒に当たると言うことは、50メートル先で言うとセンターから1.5メートル以内のブレということになります。

つまり、距離感は別として、50メートル先で左右にそれぞれ1.5メートルずつ、合計幅3メートルの幅のサーチライトの中にボールが治まるわけですよね。

地味に、こんな練習をやっています猫

本日の成績は、36発中22発がヒット、的中確率は61%。まだまだですね。
大会本番では、プレッシャー等でさらに確率が下がるものと思われるので、練習時においては80〜90%の確率を目指します。

機械のような、再現性の高い正確なショットを身に付けたいものです位置情報

午後からは、近所の公園でジョギング(玉投げバージョン)を60分ダッシュ(走り出すさま)そして、上り坂ダッシュ3本ダッシュ(走り出すさま)腕立て伏せ100回。基礎体力のアップを目的としたトレーニングです。

どんなスポーツにもいえることですが、ランニングは基本中の基本だと思います。あなたは走っていますかぴかぴか(新しい)

アマチュアゴルフのチャンピオン、カリスマゴルファーである中部銀次郎さんがこんな事を言っていました。

「集中力は体力に依存する」


なるほど、ラウンド後半の勝負所で集中力が切れる大きな原因の1つとして「スタミナ切れ」があげられるのは事実ですよね。

アスリートパークゴルファーとして、この点だけはきちんと押さえておきたいと考えています。

明日は筋肉痛かなぁがく〜(落胆した顔)

パークゴルフトレーニング日誌090623
・ショートコース想定のティショット練習(22/36)
・ジョギング(玉投げバージョン)60分
・上り坂ダッシュ3本
・腕立て伏せ100回
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。