パークゴルフ界の新星(その4)

パークゴルフ大好き、もんきちの上げ玉ティーショット講座ハートたち(複数ハート)

@ボールはやや前方にセット(あまり前にセットするとダフッちゃうよ)

Aクラブのフェースを上向きに(グリップエンドをおへそに向けるくらい)

B脇を締める(脇を開くとフェースがかぶってしまうよ)

Cスイング時に右手でボールをすくいあげる感覚(スイング時によく言われることとして、「左手は方向、右手は距離感」というのがありますが、ティーショットを浮かせるときに重要なのは完全に「右手」です。手首で「クイッ」とすくい上げる感覚をつかんで下さい。これをマスターすると、気持ちが良いくらいの角度でボールが上がりますよ)

Dボールを置く場所に注意する(これ、超重要
※今日、発見しました(−ω☆)ひらめき

結論から先に言います。ボールはそのティーショット台の面の【一番高いところ】に置くこと。
 
超重要なのでもう一度言います演劇

『ボールはそのティーショット台の面の【一番高いところ】に置くこと』

パークゴルフ、ティーショット台の表面って、結構波打っています。つまり微妙な凹凸があるわけです。

パークゴルフのティーの高さは、ルールによって「底辺からの高さが23mm以下。ボールを載せた時にボール上面が底辺から80mmを超えてはならない。」と決められているんですね位置情報

しかし、【一番高いところ】にボールをセットすることよって、さらに1ミリとか2ミリ、ボールの位置が高くなります。

1ミリ違うとかなり違います。3ミリ違うともう別世界です。しかも、ダフリの防止にも一役かいますよ。

パークゴルフ、ティーショットの際、多くのプレイヤーは、まずスパットを見つけてそしてボールをセットすると思います。

しかし、ボールを一番高いところセットするということは、スパットを後から見つけ出さなければならなくなります。これがちょっと大変ですね。

しかし、さらにこの方法の良いところとして、「ボールの位置が常に一定である」という点です。

ティーショット台の表面のゆがみが、日によって変化するということは考えにくいです。(1年2年単位では変わってくるでしょうが・・・)

つまり、最初に玉の置き場所を決めておけば、次からはそこにボールをセットすれば良いわけです。

そして、ボールの位置が決まっていれば、スタンスの位置も決まるわけで、アドレスもスイングも決まるわけですね。

このように、いつも同じ状況でティーショットが出来るということは、ミスショットの確率をグンと減らせるということにもつながるんです。


そういえば・・・思い出しましたひらめきひらめき

もんきちがまだパークゴルフを始めて間もないころの話です目


夕方、白老町ほくようパークゴルフ場で練習していたとき、トッププレイヤー河原英昭選手(白老町)(第14回・第15回JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会、ともに4位)が「ほくりょうのコース攻略」をレクチャーしてくれたことがあるんですぴかぴか(新しい)

その時印象に残ったこととして、コースごとにボールの置く位置とねらい所を固定化しているということがあります。

「この位置にボールを置いて、奥に見える○○(例えば隣のコースのOB杭とか)を狙ってショットする」

「このホールでは、ボールをこちら側において○○を狙うんだ」といった感じです。


なるほど、このようにしておけば、コース攻略がとってもシンプルになりますね。

後は”精度”の問題となるわけです(*´∀`*)


パークゴルフ道、深いですねゴルフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。