パークゴルフ反省レポート

パークゴルフのシーズン(芝上)がすぐそこに近づいて来ましたね(・ω・)ワクワク

みなさん、準備はいいですか。がんばっていきましょう〜ひらめき


さて、先日行われました「糸井の森PG場 第9回金杯大会」でボロボロだったことを受けて、その原因と反省をアップ。みなさんとシェアしたいと思います( T _ T )


大会での成績(スコア)と集中力は、とっても大きな関係があると思いますゴルフ

心身ともに良い状態のときは、スコアもいいですよねわーい(嬉しい顔)


この日のもんきち、集中力がかなり低下していたと思います。

不用意なOBやティーショットでのダフリ。パット時のラインも全然見えていませんでしたがく〜(落胆した顔)

「ラインが分からないからとりあえず打つ」みたいな感じ。

パットって、狙って入れに行かないとなかなか入るもんじゃないですもんね。



この日、もんきちとしては「初」の大会2連戦でした(前日は、佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会)。

佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会での「トップテン入り」を目標に、ずっと朝練習をしてきました。



1日目のこの大会で、全て出し切ってしまった感があります。

佐藤農園大会では、パット時もライン上の芝1本1本まではっきりと見えていて、カップインのラインが帯としてイメージできていました。(こんな経験、初めてで、とても不思議な感じでした)


2日目はまったく逆。ラインを読むのもつらい(おっくう)といった感じですあせあせ(飛び散る汗)


集中力や体力が、大会2連戦という過酷な条件で戦うには未熟だったということでしょうか。

この辺は、夏シーズンに向けての大きな課題となりました。



それともう一つ。

9回金杯大会では、とことんカップに嫌われていました。

カップのヘリを10回くらいクルッとまわりました。

また、はまりホールでは、強めに打ったボールがカップイン・・・・と思いきやカップの底から飛び出してきたというのもありました。

「うゎぁ、カップがボールを吐き出したぁ( ̄Д ̄;) ガーン」


この、意図的とも思える現象・・・


これにはもんきち、心当たりあります。


1日目の「佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会」で、ちょっといい成績を出したもんで、浮かれていた(調子に乗っていた)感があったんです。


「もんきち、パークゴルフ、かなり上達したなぁ( ̄ー ̄)(自画自賛)」


こんなおバカなもんきちに、パークゴルフの神様が怒ったに違いありません。


深く反省しております。

そして、このことに気づけたことに、深く感謝いたします。


パークゴルフ道の入り口を、やっと入りかけている程度のもんきちです。

これからも、驕ることなく、地道に努力してまいりますm(_ _)m


どうぞよろしくお願いいたします(・ω・)


次回、2月19日の糸井の森PG場金杯大会は第10回の記念大会で、個人戦での最終戦になります。

この冬、もんきちを鍛え上げてくれた「金杯大会」。ありがとーぴかぴか(新しい)


ひと皮向けたもんきちをお見せできるよう、しっかりと準備してのぞみますよo(^−^)o
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。