北竜パークゴルフ場・ラフ対策の結論

今日はお休み・・・雨竜北竜遠征を楽しみにしていたのですが・・・体調が・・・

ということで、今日もおとなしく、近所の岡志別の森パークゴルフ場にて練習です(・ω・)

小雨が降っていたので「完全貸切り」でした\( ̄▽ ̄)/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲゲゲのおじさん(@@)、こんばんは。

第3戦、お疲れ様でした。。(^-^ )

『足りない技術や課題を沢山発見できた、いい大会経験でした!』、、すばらしい。
この感覚・感性がとても重要だと思います。課題、悔しさをしっかりと脳みそに焼き付けて、
前進していきましょう(競技パークゴルフの楽しさのひとつだと思います)

パークゴルフのショット(特にアプローチとパット)は「経験値」の勝負と言えるかも知れませんね。
これは、地道に日々積み重ねていくしかありません。

「脳みそのスポーツ」パークゴルフ、、深いです(・ω・)


『普段のプレーより随分速いプレースピードにも慣れないといけません』、、
基本的に、試合は4人パーティーでプレーするので、この点は結構気を使いますよね。

実はもんきちもプレー遅めなので、試合では神経使っています。
好成績を残した試合は、例外なく参加人数が多くて後半組みスタート、、つまり、前がつかえていて待ち時間が多い大会です。
奇跡の「アシックスオープン」の時も、炎天下の中、待ち時間がかなりあり、多くの選手がイライラしていた感がありました。
自分的には超ラッキーな展開でしたね。


相馬光陽PGの「グランドチャンピオン」を目指して、ファイトですo(^ー^)o

(PS.丸ボウズ頭、涼しいです。手触りもグッド。逆目になぜるとジョリジョリ、順目になぜると子猫をなぜている様で癒されます(笑))

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

パークゴルフの方向性と距離感について

今日、岡志別の森パークゴルフ場で練習をしていて気づいたんですが、方向性は左手首(リスト)・距離感は右手を意識するといい感じです。特に、左手首=方向性についてはスゴイ、目からウロコが100枚くらい落ちました(@u@)

ゴルフの格言「左手はハンドル・右手はアクセル」は、パークゴルフにも当てはまるようです。


ラフ対策の結論

前回もチラッと触れた「かぶせ打ち」、良いですね。

さらにいろいろ進化させて、5mのかぶせ打ち・10mのかぶせ打ち・15mのかぶせ打ちを特訓中です。

しっかりとラインを読んでクラブフェースを合わせると、方向性も意外と良いんですよね。

北竜町ひまわりパークゴルフ場のラフ対策のメインは「かぶせ打ち」、
自分はこれで決まりです(・ω・)

皆さんはどうですか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今月の休日は27日(土)と29日(月)。

両日は「雨竜北竜遠征」、、行くど〜ヾ(≧∇≦)〃
この記事へのコメント
論理的ですねぇ…

ショットの精度がいまいちのくせに長島チョーさん並みに直感的な自分には尊敬の域です(^_^ゞ
Posted by パークマン@札幌 at 2011年08月25日 20:54
同じ岡志別の森PG場で練習しています。
ラフらしいラフは無いと思いますが、ラフらしく打つ必要があると思います。
かぶせ打ちは20mまで正確に打てますね。ただしアンジュレーションを拾う事が多いと思います。
20m以上は15度ショットで打ちますが、練習の成果を出せるかどうか?
私は7日〜8日と現地で練習する予定です。
Posted by hokuto_bear at 2011年08月31日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。