レイクヒルパークゴルフ場・噴火湾パークゴルフ大会

伊達市レイクヒルパークゴルフ場・噴火湾パークゴルフ大会、
行ってきました(・ω・)ぴかぴか(新しい)

今年度、JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会、総合第9位・森町の松田守選手も参戦とあって、盛り上がりました。

参加選手全員が”格上”で、思いっきり胸を借りる感じでしたね。


大会結果

優勝   及川選手 104
準優勝  羽田健一 105 (マスターズ・赤谷軍団
3位   栗原弘  106 (マスターズ・赤谷軍団
4位   山本秀樹 106 (マスターズ 幹事長
5位   小野選手 106
6位   下川選手 107
7位   吉田選手 107
8位   大内昌生 107 (札幌市
9位   高橋選手 107
10位  川村選手 108

13位  もんきち 109 (マスターズ・赤谷軍団

15位  松田守  109 (森町
16位  赤谷良文 110 (マスターズ・赤谷軍団


距離感が難しいドッグレッグと、傾斜のある超高速グリーンにみんな苦戦していました。


自分の「13位」はまぐれですね、、悔しいけど実力じゃないな(自分自身が一番良くわかります)

ただ、自分が設定した「自己パー(※注1)」を淡々とクリアしたのが良かったようです。


今後は、ホームコース、苫小牧市・糸井の森パークゴルフ場で、2012年シーズンに向けて”鍛錬”いたします(・ω・)ノ


※1 自己パーとは=文字通り、自分自身が設定したパーのこと。

設定ルールの基本は「ワンオン・ツーパット」の3。
ワンオンが不可能なドッグレッグや超ロングコースなどは「ツーオン・ツーパット」の4。

この数字が自己パーで、この数字からいくつバーディーが取れるかに挑戦する。

こう考えると、ドッグレッグの「4」はパーですから、基本的にはOk、、
精神的な負担が激減します。

また、ドッグレッグが4で良いと考えると、2打目のOBハマリホールも無茶しないでいけます。
そうすると、不思議と3で行けちゃったりするんですね、、不思議です。。

多くのプレーヤーが、「3」=パーで、競技を進行していると思います。

でも、よく考えてみると、ドッグレッグや超ロングコースのパーを「3」で設定するのって無理があると思います。
少なくとも、自分にはそんな技術と精度はありません。。(・ω・;)ムリ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2012年シーズンは、実力でトップグループに割って入るのが目標。

がんばります
この記事へのコメント
もんきちさん

道内の強豪が目白押しの中、トップと5打差の13位は立派な成績かと思いますが………『自己パー』⇒なるほど、確かに難しいドックレッグは簡単には《3》取れないですよネ。

北海道はもう寒いでしょうネ、こちらも、ファンヒーター&こたつが稼動開始しました。但し、初雪迄には、約1ヵ月半、まだまだプレー可能です!

今月中に、又々、☆PG遠征を企て!⇒宮城県北部のPGCで、みっちりトレーニング、今回は湯治も兼ねて、格安温泉宿に2泊です(@@)

テーマは、初コースでの前後距離合せのスピードアップ、スタート3ホールで仮合せし、その後、微調整をどれだけ早く出来るかがポイント!

ただ、1打目の狙いとFW・グリーンのクセは、初ラウンド時に地元のトッププレーヤーと同伴し把握するに限ります。

* 先日の《104》は、出来過ぎ&ちょっと簡単なコース《ロング平均距離:85mと短く、ドックレッグなし、FW広く、もうラフも弱く》と好条件が揃った次第で………

真の100台を目指し頑張りますので!
Posted by ゲゲゲのおじさん at 2011年10月10日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。