素朴な疑問なんですが

パークゴルフシーズンもあとわずか、、
ひたひたと冬の足音が近づいてきました(・ω・)

各パークゴルフ場では「グランドチャンピオン戦」が開催され、
一年間の総決算となっていますね。

みなさん、ファイトです。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ゲゲゲのおじさん(@@)、こんにちは(・ω・)

山形県も、ファンヒーター&こたつ稼動ですか、、
特に朝晩の冷え込みが厳しい季節(昼間は結構暖かかったりしますね)。

風邪などひかないように。。


『湯治も兼ねて、温泉宿に2泊の強化遠征』は良いですね、、
テーマを決めて、集中して練習できそうです。


また、『1打目の狙いとFW・グリーンのクセは、初ラウンド時に地元のトッププレーヤーと同伴し把握するに限ります』は、
本当にその通りですね、、
自分も地方パークゴルフ場でのデータ取りの時は、いつもお世話になっています。


ところで、素朴な疑問なんですが・・・

山形県のパークゴルファーの方々は、冬期間どうしているんですか。

雪上コースやハウス等、あるんでしょうか(・ω・)? それとも”冬眠(笑)”。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2011年度シーズンは、自分にとってものすごく充実した一年でした。

全日本をはじめ、いろいろなビッグ大会で、
多くのトッププレーヤーの技術・競技に対する姿勢に触れることが出来ました。

中でも一番大きかったのが、
新世代のエース、興部町のカリスマパークゴルファー・タイガーさんと練習ラウンドできたこと。

その圧倒的な地力の差にびっくり、競技パークに対する考え方が変わりました。

今後の競技パークゴルフも若手の参入に伴って、
こういった身体能力の高い、優秀な選手がゴロゴロ出てくるんでしょうね(・ω・;)



今シーズンは、技術的な進歩も劇的でした(自分で言うのも変ですが・・・)

アプローチの距離感が少し分かるようになりました。
これで、かなり「苦しい3」を拾いましたね。


それと「ティーショット」。

全日本の直前からオープンスタンスに変えたんですが、
これで完全に”ワンランクアップ”した感があります(自分で言うのも変ですが・・・2回目)

きれいなライナーボールを打てるようになりました。

見た目も”上級者”っぽいですし(自分で言うのも・・・3回目(・ω・;) )


2012年へステップアップするためにも、
今月ブログは、今年度をもう少し振り返ってみますね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
この記事へのコメント
もんきちさん

素朴な疑問にお答えします。山形県内のPGCは11月下旬にクローズとなり、雪上やハウスはないので基本的には、4月中旬まで冬眠となり〜(・・)

ただ、太平洋側:福島県や宮城県に遠征すればプレー可能で、月1回位は、出掛けようかと…冬の峠越えは大変ですが…

今シーズンのもんきちさんは、飛躍的な進歩でしたネ、ちょっと早いですが、2012年の活躍が、う〜ん、おじさんには見えてます!

先週末の☆PG遠征ですが、あいにくの雨模様で、すっかり湯治メインになりました。

どうにか、合間を見て《山形/最上川ふるさとPGC&宮城県/愛宕山公園PGC》でプレー済み⇒愛宕山は、無料コースで初ラウンドでしたが《26・28》とまずまずでした!

おじさんの☆ラスト大会は、来月初旬です!この1年の成果を発揮出来る様に頑張ります(@@)
Posted by ゲゲゲのおじさん at 2011年10月16日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。