帯広の森雪中パークゴルフ場へ

こんばんは(・ω・)ノぴかぴか(新しい)

昨日の晩、帯広出張から急きょ帰ってきました。
(同室の若手社員が、まさかのインフルエンザ発症の為)

自分も風邪気味ですが、インフルは大丈夫なようです。

次の現場に備え、本日から夢の3連休突入。。。

===========================

行ってた現場は、幕別の忠類。

「ここは地球じゃない」と思うくらい寒かったな〜
(朝礼時、マイナス22度でのラジオ体操って・・・)

それでも、徹底的に走り込みました。
完全防寒対策とマスクして(マスクがないと呼吸できません、本当)

あと、腹筋運動ね。

結局、4人相部屋なのでスイング系の練習が一切できず、走るしかなかったんです。

『ひとり陸上部』、頑張りました(・ω・;)

===========================

休日は、帯広の森雪中パークゴルフ場にも”修行”に行って来ました。
全18ホールで、なんと無料なんです。
さすが”本場”ですね。

雪中は「寄せ勝負」だと思います。
アプローチで確実に寄せておかないと「4」になっちゃいます。

また、日によってタッチが別世界・・・
コース状況を的確につかみ取る技術も問われる感じ。

とても勉強になりました。


2月3日に試合があります。
『第一回財団杯北海道雪中パークゴルフ大会』(帯広の森雪中パークゴルフ場)

張り切ってエントリーしてきたのですが、登別に帰ってきてしまったので・・・
(次の現場がどこなのか・・・。可能なら高速飛ばしてでも出たいです)


そういえば、、1月の佐藤農園屋内パークゴルフ場での試合も『欠場』でした(泣)
今シーズンは、こんな感じで試合出場がかなり厳しくなりそうです。


しかし「ノープロブレム」。


要は気持ち次第。

少ないチャンスを大切に、しっかりと確実に準備いたします。

===========================

宿舎では「ゴルフレッスンコミック」的な雑誌、結構読んでました。
洗濯の合間とか、結構空き時間あるんですよね。

これ、とても良い勉強になります。
深いです。


以下はゴルフレッスンコミック2月号より抜粋


人の一生は重荷を負いて遠き道を行くが如く

急ぐべからず

不自由を常と思えば不足なく
心に欲あらば困窮したる時を思い出すべし

忍耐は無事長久の基

怒りは敵と思え

勝つことばかり知りて
負けることをしらざれば害その身に至る

己を責めて人を責めるな

及ばざるは過ぎたるよりまされり

徳川家康


ゴルフではマキロイやタイガーだって
欲を捨て我慢を強いられるのだ−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。