パット・アプローチの時に気を付けていること

JAL戦以後、パット・アプローチの時に気を付けていることがあります。
それは「ラインの真横から状況を観察すること」

これにより、
@ボールからカップまでの傾斜がよくわかるので、タッチ・転がりのイメージがわかりやすいです。
また、A芝が順目なのか逆目なのかとてもよくわかります。
(スベスベか、ギザギザか)

これまた転がりのイメージが容易です。

アプローチもパットもイメージが大切ですよね。

....................................................


先日の日曜日、久々にホーム・糸井の森パークゴルフ場へ行ってきました。

4か月ぶりの「ホーム帰還」です。

「ぶっつけで、どれくらいで回れるかな」ということで、いざ挑戦。
スコアは107
ピン位置は「難易度C(やさしめ)」でした。


ビミョー


「4」が多いのは、マネジメントの悪さを表しています、反省。

下りのパット(アプローチ)を残さないよう徹底したいと思います。


....................................................


試合が決まりました。

11月10日 U−50選手権(糸井の森パークゴルフ場)
11月24日 ホッキ杯(糸井の森パークゴルフ場)

ホッキ杯はトップ選手が集結するんでしょうね、たのしみ。

U−50は「ベスグロ」がノルマ。ここは意地でも負けられません。

糸井の森・若手bPの加藤選手、急成長の特攻隊長・押野選手。


密かにレベル高いんだよなぁ(汗)




まあ、頑張ります。





では、また。。




この記事へのコメント
今晩は。
仕事が忙しいようですね。

もんきち(・ω・)さんにしては、不満が残る点数だと思いますが練習(コース練習)不足の中
流石です。
しかし、私は、今年習得する事に時間が掛っています。
地元でフルシーズンの練習と試合は、初めての事。
春・夏・秋そして、朝・昼・夕と雨風の影響
芝の状況も常に変化しています。
フルシーズンの状況は把握できても、自分のショットとアプローチ・パットを決めるまで今年、シィーズンを使い果たしました。
未だ、未完成ながら、感触は掴みつつあります。
地元の今シーズンは終わりを迎えようとしていますが終わるまで地元で練習をしていますが
他(道南・苫小牧方面)で屋外が行われる間は、
練習に伺う予定です。
御会い出来ましたら宜しく御指導御願い致します。
Posted by ラッキー at 2013年11月12日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。