もんきち知恵袋カテゴリの記事一覧

パークゴルフの質問投稿サイトへようこそ

パークゴルフの質問投稿サイト「もんきち知恵袋」へようこそ(笑)
(試験問題の投稿はダメですよわーい(嬉しい顔)

ゲゲゲのおじさん さん、ホールインワンおめでとうございます(・ω・)
エースって、テンション上がるんですよねO(≧∇≦)O イエイ!!


さて、ご質問の『家のばあちゃん、小さいスイングで止めて、1打目を打つのがなかなか出来ず…、どう、教えたらいいのか、ぉ願いします』について。

「小さいスイングで止めて」とは、「バックスイングを小さくしてのショット」のことでしょうか。

確かに、バックスイングを小さくするのって、違和感があって気持ち悪いんですよね。

もんきちも苦労しています・・・がく〜(落胆した顔)


考え方としては、「ゴミ箱に、丸めた紙くずを投げ入れるイメージ」で思い浮かべると良いでしょう(下手投げ)。

5m先のゴミ箱に投げ入れるときと、1m先のゴミ箱に投げ入れる場合とでは、腕の振り幅(バックスイング)が違うと思います。
(実際に、家の中でのこういった練習は効果的かもしれませんね)

無意識に出来る「紙くず投げ」を、パークのスイングに置き換えると頭の中では理解しやすいと思います。


では、実際にどのような練習が効果的なのでしょうか。

20mの距離感(ショット)を身に付けるには、距離20mのコースで繰り返しティーショットを打つのが一番です(当たり前ですが)

ショートホールでは、大きなショットを打つとボールは突き抜けていってしまいますよね、、、OB。

ですから、距離を合わせるために、自然とスイングは小さくなっていくのではないでしょうか。

「スイングありき」ではなく、あそこまでボールを運ぶ「距離ありき」でスイングするわけですね。

そうやって、20mのスイング・30mのスイング・50mのスイングといった、自分だけの物差しがあると、ティーショットがシンプルになります。


また、距離の打ち分けにもいろいろなタイプがあり、バックスイングで調節する人・クラブの握りで調節する人・スイングスピードで調節する人・なにも考えず見た目の感覚だけで調節する人、様々です。

これについては、本人が一番しっくりくる方法を用いた方がイイでしょう。


そして、何よりも、パークゴルフを楽しんでやるのが一番です。

「好きこそモノの上手なれ」

すぐに、なれてくると思います目


・・・これってベストアンサーぴかぴか(新しい)・・・っていうか、パークゴルフ歴の浅いもんきちが偉そうに語ってスイマセン

お役に立てたでしょうか(・ω・;)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日、ほくようパークゴルフ場に偵察に行ってきました。

「雪、どのくらい減ったかなぁ雪」と思ってのぞいてみると、




なんと・・・



積雪0p、、、プレー可能でした、、、っていうか、この寒い中、15人くらいの人達がプレーしていました。


ついに「芝シーズン」スタートです。


ほくようパークゴルフ場01.jpg

ほくようパークゴルフ場02.jpg


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本日は休日でしたが、午前中会社で書類整理でした。。

午後から自宅内でビッチリと「パット」の練習に明け暮れました。


「パットイズマネー」

プロならではの名言ですね。

もんきちの場合は

「パットイズお米」でしょうか。


ほくようパークゴルフ場、13日、行ってきます。