室蘭・花の岡パークゴルフ場様、ありがとう

おはようございます(・ω・)ノ

決戦の朝でございます。


昨夜はかなりの雨が降っていました雨

せっかく作った「もんきちマル秘ヤーテージ表」が・・・(>。☆)イタイ

コース状況判断力も試される大会となりそうですひらめき


室蘭・花の岡パークゴルフ場様、本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)

°・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°

熱心なコース整備には頭が下がります。


すばらしい予選会となりますようにo(^ー^)oかわいいかわいいかわいい


では、行って来ます(・ω・)ガンバ

パークゴルフ上達のために

パークゴルフ上達のために、あなたがやり続けていること、ありますか(・ω・)


パークゴルフは「技術系」と「メンタル系」、そして「マネジメント(戦略)」の3要素が絡み合うスポーツといえるでしょう。

地面においてある止まったボールを打つだけのスポーツなのに、その奥深さは想像を絶するものがあります目


幸いなことに、もんきち、多くの全日本級トッププレーヤーと練習ラウンドをご一緒する機会に恵まれているんですが、とても興味があるのがトップアスリートたちのメンタル面(精神力、集中力を含む)です。


技術は、練習によってその精度を上げることが可能ですし、マネジメントは事前の準備である程度「正解」に近いパフォーマンスが出来ると思います。

しかし、メンタルだけは、まるでブラックボックスのようにナゾだらけ。この部分を詳しく的確に解説している文書も少ないですし。



もんきち、今日からランニング始めました。(←「冷やし中華、始めました」みたいわーい(嬉しい顔)

体力強化ではなく、精神強化が目的ですグッド(上向き矢印)

仕事から疲れて帰ってきてのランニングは、常に”くじけ心”との戦い。

自分をコントロールする術を会得できたらいいなぁ。



「パークゴルフ上達のために、あなたがやり続けていること、ありますか」



『 精神力向上のために、雨の日も風の日も、毎日ランニングしています 』

そんな風に答えられるよう、くじけずに続けて行きたいと思います(・ω・)

ロングショットの精度が・・・

パークゴルフ本格シーズン突入に向けて、不安材料が浮上しました(・ω・)たらーっ(汗)

ロングショットの精度が悪いんです!Σ( ̄ロ ̄lll)もんきち大ピンチ


そーいえば、冬期間の大会って、50m以上のショットは必要なかったもんね。


糸井の森パークゴルフ場冬季コースも佐藤農園冬季室内パークゴルフ場も、最長ショットは40mでしたから。。。



「・・・やばい(~ー~;)・・・」



クラブフェースでボールを捕らえる感覚が、なんだかしっくり来ないんです。


大会でもっとも使用するであろう50m〜70mのショット。

アスリートパークゴルファーの生命線ともいえるこのショットを、しっかりと自分のものにしなくては。


さーて、朝練習、がんばるぞヽ(‘ ▽‘ )ノ

パークゴルフの春オープン情報

パークゴルフの春オープン情報が次々と飛び込んできます(・ω・)ぴかぴか(新しい)

胆振地区では、白老町のほくようパークゴルフ場が3月13日(土)オープン、これが最速ですねわーい(嬉しい顔)

JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会の胆振地区予選会場である、室蘭市の花の丘パークゴルフ場は4月1日(木)がオープン日のようです。

熱い戦いがいよいよ始まるんですねo(^−^o)




さて、本日のもんきちは・・・


風邪でダウンしています/(x~x)\あせあせ(飛び散る汗)


予定では、早来町の佐藤農園屋内パークゴルフ場へ練習に行く予定だったのですが・・・残念。

そんなわけで、今日はおとなしく自宅療養しています。
(みなさんも風邪には注意してくださいね^^)


※佐藤農園屋内パークゴルフ場で、3月6日(土)に大会があるんです。「春パークゴルフの序章(プレ大会)」的な位置づけで、胆振地区のパークゴルフトッププレーヤーが集結することでしょう。
とても楽しみです(@^∇^@)



さてさて、第10回金杯(糸井の森パークゴルフ場)の話題に行きましょう^^

もんきち、110(53・57)で、グロス11位タイ(>_<;)
(この日のグロストップは、斉藤政美選手の103(54・49))

一緒に遠征した、無冠の帝王TAKEさんが106(50・56)で、グロス4位の好スコアをたたき出しています。
(*´∇`*)やったね。



ここでもんきち、今シーズンの課題・・・というか、プレーの流れ・スコアメイクの流れを再検討したいと思います。

これ、結構重要なことだと思います、付いてきてくださいね\(・_・)


第10回金杯、前半1ラウンド目は「53」。出だしとしてはまずまずで、「後半の爆発に期待」といったところでした。

そして後半、難しいといわれているBコースでもんきち、「21」と大爆発(なんと1ホールから6ホールまで連続2でした)。

完全に優勝パターンです。

内心、「100をどれだけ下回れるか」と、変な計算モードに入っていました(・ω・;)



そして、最後Aコース・・・・・「36」。

_| ̄|○ ガクッ



36って・・・・・ありえない崩れ方です。

メンタル的な問題でしょうか。


そういえば、先日、佐藤農園屋内パークゴルフ場での練習ラウンドで、白コース「19」(2が8つ)をたたき出して周囲を驚かせたときも、後半は超ボロボロ、「別人28号だね」と親父ギャグを浴びせられたことがありました(^。^;)


ゴルフには「平均の法則」というのが働いて、良いときがあれば、その反動で苦しいラウンドが訪れるという人がいます。

科学的にはどうなのか良く分かりませんが、もんきちの経験(たいした経験値じゃないですが)からいうと、当たっているような気がします。


今シーズンのもんきち、この爆発力を上手に活用し、そのあとのラウンドをいつも通り「平常心」普段着の安全プレーを心がけて行きたいと思います。


「貯金」は貯金として、しっかり蓄えておかないと、格上のプレーヤー相手に戦うことは出来ませんからね。


パークゴルフは「精神的なマネジメント」もとても重要。


またひとつ、利口になったもんきちです。(−ω☆)

パークゴルフ反省レポート

パークゴルフのシーズン(芝上)がすぐそこに近づいて来ましたね(・ω・)ワクワク

みなさん、準備はいいですか。がんばっていきましょう〜ひらめき


さて、先日行われました「糸井の森PG場 第9回金杯大会」でボロボロだったことを受けて、その原因と反省をアップ。みなさんとシェアしたいと思います( T _ T )


大会での成績(スコア)と集中力は、とっても大きな関係があると思いますゴルフ

心身ともに良い状態のときは、スコアもいいですよねわーい(嬉しい顔)


この日のもんきち、集中力がかなり低下していたと思います。

不用意なOBやティーショットでのダフリ。パット時のラインも全然見えていませんでしたがく〜(落胆した顔)

「ラインが分からないからとりあえず打つ」みたいな感じ。

パットって、狙って入れに行かないとなかなか入るもんじゃないですもんね。



この日、もんきちとしては「初」の大会2連戦でした(前日は、佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会)。

佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会での「トップテン入り」を目標に、ずっと朝練習をしてきました。



1日目のこの大会で、全て出し切ってしまった感があります。

佐藤農園大会では、パット時もライン上の芝1本1本まではっきりと見えていて、カップインのラインが帯としてイメージできていました。(こんな経験、初めてで、とても不思議な感じでした)


2日目はまったく逆。ラインを読むのもつらい(おっくう)といった感じですあせあせ(飛び散る汗)


集中力や体力が、大会2連戦という過酷な条件で戦うには未熟だったということでしょうか。

この辺は、夏シーズンに向けての大きな課題となりました。



それともう一つ。

9回金杯大会では、とことんカップに嫌われていました。

カップのヘリを10回くらいクルッとまわりました。

また、はまりホールでは、強めに打ったボールがカップイン・・・・と思いきやカップの底から飛び出してきたというのもありました。

「うゎぁ、カップがボールを吐き出したぁ( ̄Д ̄;) ガーン」


この、意図的とも思える現象・・・


これにはもんきち、心当たりあります。


1日目の「佐藤農園冬季室内パークゴルフ場大会」で、ちょっといい成績を出したもんで、浮かれていた(調子に乗っていた)感があったんです。


「もんきち、パークゴルフ、かなり上達したなぁ( ̄ー ̄)(自画自賛)」


こんなおバカなもんきちに、パークゴルフの神様が怒ったに違いありません。


深く反省しております。

そして、このことに気づけたことに、深く感謝いたします。


パークゴルフ道の入り口を、やっと入りかけている程度のもんきちです。

これからも、驕ることなく、地道に努力してまいりますm(_ _)m


どうぞよろしくお願いいたします(・ω・)


次回、2月19日の糸井の森PG場金杯大会は第10回の記念大会で、個人戦での最終戦になります。

この冬、もんきちを鍛え上げてくれた「金杯大会」。ありがとーぴかぴか(新しい)


ひと皮向けたもんきちをお見せできるよう、しっかりと準備してのぞみますよo(^−^)o

苫小牧市の糸井の森パークゴルフ場

パークゴルフを冬にやろうと、最初に考えた人ってすごいですねひらめき
はっきりいって「ノーベル賞」もんですよ^^

笑点だったら「ざぶとん3枚」ですね(・ω・)?イミフメイ


北海道の冬のこの時期に、芝の上でプレーが出来るパークゴルフ場雪

あなたは信じますか・・・・・モバQ




あるんです・・・・・・・・・モバQ




苫小牧市の糸井の森パークゴルフ場^^

動画を取り入れたホームページも魅力的ですぴかぴか(新しい)

糸井の森パークゴルフ場(クリック移動)


しかも、毎週金曜日に開催される大会「金杯」。


腕自慢が集結するこの大会、参加者はかなり豪華。

芝の上での大会ということで、胆振地区のパークゴルフ界のトッププレーヤが名を連ねています。


そして・・・ついにもんきちも、この「金杯」への参戦が決定しました(^v^)ウレシー

第六戦(1月22日)・第七戦(1月29日)です。


「楽しみアンドテンションあがるなぁ〜exclamation×2


毎日の朝練習にも、ググッと力が入ります


しかも、この糸井の森パークゴルフ場、雰囲気がとってもいいんですかわいい

社長やスタッフのみなさんの素敵な笑顔・対応。心地いいです^^


もんきちが「JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会」で優勝して有名になったら、いっぱい宣伝してあげますからね(・ω・)(なぜか上から目線;)


全道のパークゴルフプレイヤーのみなさん。ぜひ、芝の感触を体感しに来てください。一緒にプレーできるとうれしいなぴかぴか(新しい)

今年一年、お疲れ様でした

パークゴルフ、みなさんがんばっていますかぴかぴか(新しい)

久しぶりの更新です。
今月はいろいろ忙しかったです(・ω・;)マイッタ

書くネタはたくさんあるのですが・・・

花の湯パークゴルフ場の大会参加や苫小牧の糸井の森パークゴルフ場への遠征などなど・・・・・・・・かわいい

その中でも、いちばんの出来事、、、、それは、、、、、

胆振地区パークゴルフ最強軍団(自称)「赤谷軍団」への加入でしょうグッド(上向き矢印)

リーダーAKAさん(第13回JALカップ全日本選手権大会・準優勝)を筆頭に、伝説のパークゴルファーOTIさん、ワザ師KURIさん、飛ばし屋ドラコン王HANEさんなど、JALカップ全日本選手権大会常連者を多数要するアスリートパークゴルファー軍団ゴルフ

2010年、「赤谷軍団」に大注目です。

ダレン・クラーク選手の質問

今日の胆振地区は「大雨・暴風注意報」発令中雨

それでも、いつものもんきちならば、悪天候関係なしにパークゴルフ場に直行ですグッド(上向き矢印)

しかし、師も走り回る12月、今日は家の大掃除しました(・・・させられましたたらーっ(汗)

お風呂・自分の部屋・寝室・階段・玄関、、、あー疲れた(・ω・;)フー


ちょこっと昼寝をした後、自宅第一練習場でパットとアプローチの練習をみっちりとやりました。

こういった地味で単調な練習を、楽しんで何時間も一人で出来ちゃうもんきちっていったい・・・猫


アプローチの距離感、特にラフからの距離感は地道な反復練習で体に染み付ける必要があります。

そして、突如沸いてくるひらめきとアイデア。


パークゴルフって、奥が深くてたのしいなぁ(^v^)ぴかぴか(新しい)



さて、

ゴルフダイジェスト12月22日号(今年度の賞金女王、横峰さくらちゃんが表紙です)に「ゴルフでいちばんたいせつなこと」という、ダレン・クラーク選手の記事があるんですが、とっても良いことを書いているので皆さんと共有したいと思いますひらめき

『 Q ミスして怒り出すアマチュアに僕が質問したことは?

  A ミスのない完璧なゴルフができるほど、あなたは練習してますか?



プロのようなショットは打てなくて当たり前なんです

アマチュアゴルファーはどうしてミスをするとイライラしたり、必要以上に落胆するのでしょうか。

そういう人に僕は聞きたい。

ミスの出ない完璧なゴルフができるほど、練習を積みラウンド数をこなしているのかと。

毎週1回の練習と月に1,2回のプレーしかしないアマチュアが、ミスをして不機嫌になるのは、あまりにももったいない話です。

私たちプロゴルファーは、朝の9時から夕方の6時まで、ほぼ毎日ゴルフをやっています。

それだからこそいいショットが打てるし、ある意味それならミスして腹を立てるのもありでしょう。

反対に、普段はビジネスをやっているアマチュアが、週末コースに出て、僕らと同じようなショットが当たり前のように打てるでしょうか。

もし打てたら僕たち立場ありませんよ(笑)

僕らはみなさんと同じようにビジネスはできない。

それと同じように、みなさんに僕たちのようなショットを打つことはきわめて難しいのです。

だからこそコースではリラックスしてエンジョイすること。

そのほうがグッドスコアも出やすいのです。

それが、ゴルフでいちばんたいせつなことなんじゃないでしょうか。 』

(以上、ゴルフダイジェスト12月22日号より引用)


普段、仕事をしている現役ワーカーにとっては「目からウロコ」的な言葉ですね。

「ミスの出ない完璧なゴルフができるほど、練習を積みラウンド数をこなしているのか」


・・・してないですあせあせ(飛び散る汗)

 

もっと謙虚に、もんきち、がんばって行きますゴルフ

もんきち、心の格言

ほくようパークゴルフ場、ラストコール杯(・ω・)

大会のピン設定は、やはり練習ラウンドとは違っていて、大会設定になっていました。(ほくようの大会設定としては、難易度・中くらいです。激ムズモードではありませんでした位置情報

体験したことの無いピン位置に少々戸惑いながらも、比較的冷静にラウンドできたのは収穫です。(結果は別にして・・・(^〜^;)ゞ

ナイスショットが穴ぼこに取られてOBになったときも、冷静に受け止めることが出来ましたぴかぴか(新しい)

「良いことがあれば悪いこともある。一喜一憂せずに1つ1つのホールを集中してこなす。パークゴルフとはそういうスポーツなのだ」byもんきち、心の格言


結果は、

A31 B29 C28 D28 合計116

男子の部 43位


結果が99%(全てとは言いません)の競技スポーツ、43位は「敗北」といえるでしょう_| ̄|○


本番に弱いというのは”メンタル面に問題あり”かもしれません。


しかし、来シーズン(2010年)に向けて、手応えをつかんだ感触はあります。

まぁ、こればっかりは、結果を出して示していくしかありませんけど・・・猫



午後からは、腕自慢が集結して、ミニ大会を実施ゴルフ

ここではもんきち、(A27 B28 C30 D24)109をマークして、大会上位入賞者食いを達成。「大会本番で出てくれよ」といった感じですモバQ



パークゴルフに復帰して3ヶ月。もんきち的には、予想以上に力をつけた3ヶ月でした。

ティーショットの精度、あげだま、ラフ打ち、アプローチ、パット。

課題はたくさんありますが、この冬はコツコツと技に磨きを掛けていきたいですね。


「来シーズンは、今日表彰台で輝いていたトップ選手達と互角の戦いをする」を目標に、しっかりと練習に励みます。


パークゴルフの神様に選ばれるように(〃⌒ー⌒〃)ぴかぴか(新しい)ね。

ほくようパークゴルフ場を徹底攻略その1

ほくようパークゴルフ場を徹底攻略します(・ω・)必見


ほくようパークゴルフ場には2つの顔があるんです。

「普段のピン設定」と「大会モードのピン設定」。


そして、いつも大会では

”地獄絵図さながらの光景”が展開します(−ω−;)オソロシー




2009年12月6日、ほくようパークゴルフ場で今年最後のビッグ大会「ラストイヤー杯」が開催されます位置情報

胆振地区きっての難コース、ほくようパークゴルフ場むかっ(怒り)

JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会が開催された、名門コースでもあります。


もんきちも、このラストイヤー杯に挑戦してみようと思います。


恐らく、道内各地から腕自慢のパークゴルフプレーヤーが集結することでしょう。


もんきちの上位入賞はあるか、本気出しちゃいますよ( ̄ω ̄)



ほくようパークゴルフ場を徹底攻略その2へ続く

パークゴルフ界の新星

パークゴルフ界の新星、ここに覚醒!!
(・・・だれも言ってくれないから自分で言ってるw)

今日はスゴイテクニック(感覚)を会得しました(興奮)ひらめき

詳しくは、のちほど・・・るんるん




今日の天気予報は「雨」雨

家を出発するころにはポツポツと降り出してきました。


そして、登別の東町パークゴルフ場に到着したとたん、ザーザー激しく本降りです雷

Qさて、ここで問題です目

このような状況、あなたならどう思いますか。

「雨かぁ、やだなぁ。もうちょっと降らないでいたくれたらよかったのに」

「ついてないなぁ、せっかくパークゴルフしに来たのに」



もんきちの心境は、

「超ラッキー、パークゴルフ場が貸しきりだぁ^^」
「雨の日のコンディション練習が出来るぞぉー^^」


人にはいろいろな価値観、考え方がありますから、「正解」なんてあるわけ無いです。

でも、マイナスの状況にひとひねり加えて、プラスに変換していくことってとっても大切だと思いますぴかぴか(新しい)

パークゴルフにおいても、人生においても・・・


そして、こういう時って、閃きみたいなものが湧いてきたりするんですね。

冒頭でいっていた『スゴイテクニック(感覚)』を体感・会得しましたw


”あげだまティーショット”です右斜め上


角度的には「20°」くらいでしょうか。これは使えます。


今まで打ったことのない球筋に、超感動のもんきちです♪(´∀`)


パークゴルフ界の新星(その2)へ続く

大会復帰第1戦、決定

パークゴルフを再開して2ヶ月弱、もんきちの大会復帰第1戦が決まりましたひらめき

11月8日(日)に登別の「東町パークゴルフ場」で開催される「秋季大会」ですぴかぴか(新しい)

パークゴルフ大会としては、超ローカルなミニ大会ですが、参加者の熱気はどんな大会だって同じです。みんな、頂点を目指して真剣ですよね。

もんきちも、大会の緊張感を楽しさに変えて、競技したいと思います。


そこで、秋季大会の目標・テーマを決めましたので発表しておきます(・ω・)ドーゾ

(1)OBを気にしないこと。(2発くらいは普通にありです)
ただし、絶対にOBしてはならないコースでのOBは”絶対にしないこと”。

※東町パークゴルフ場って、結構グリーンのすぐ後ろにOBゾーンがあるんです。
これを気にしすぎると、びびってしまって距離感がおかしなことになるわけです。
当日のコースコンディションにもよりますが、自分の距離イメージを優先してプレイしたいと思います。
ただし、左ドッグレッグのA−7番でのOBは絶対に不可。
柵越えショートカットの空中戦は原則しない。(二廻り目、展開次第によっては、柵越えショットをするケースもあるか)

(2)パークゴルフが出来ることに感謝して、楽しんでプレイすること。後ろから、テレビクルーがついてきているイメージで、主役気分を満喫する。

(3)練習ラウンドの成績から、大会でのスコアを100〜105くらいと予想する。目標は100を切ることだが、105までなら自分的には合格だと思うモータースポーツ

さて、パークゴルフ大会復帰の第1戦、どうなることやら。「とっても待ち遠しい」というのが、今のもんきちの心境です^^

パークゴルフのリハビリ終了

パークゴルフ、皆さん頑張っていますか。

もんきちの芝の上リハビリも、今回で6日目です(・ω・)ドモ


今日も登別の東町パークゴルフ場、秋桜(コスモス)がとてもキレイです。

コスモス

ここ、東町パークゴルフ場は、朝8:00から日没までがプレイ可能時間。

無料コースなので、常駐の管理人さんとかは居ませんが、民家が近くにありますので迷惑を掛けては大変。

皆さん、時間はきちんと守っていますね、エライ。。




さて、やる気満々のもんきちは朝7:00に現地に到着。

「あと1時間、、どーすんねん(`Δ´)」


と思うところですが・・・・・

素振りをしたり、ブログ用の写真を撮ったり、コースをうろうろ歩き回ったり、
結構一人楽しく時間をつぶしています(^ー^;) アヤシー



あと、妄想も楽しいですよ。

例えば、

今、パークゴルフの神様が空から降りてきて

「こんな早くからコースに出てきてエライ!!来年はおまえをパークゴルフの日本チャンピオンにしてあげよう」

とか言ってくれないかな。


パークゴルフの神様がキャディーについてくれたら
無敵だね( ̄ー ̄)フフフ


一人、妄想にふけりながらニヤニヤしているもんきち、
完全に変な人です( ̄_ ̄|||)



芝の上での実践練習も6回を消化、だいぶ感覚が戻ってきました。


ということで、もんきちのパークゴルフ”リハビリ”も今回で修了。



次回からはいよいよ本格的な実戦トレーニングを開始します。

お楽しみに(= ̄▽ ̄=)・・・・



(っていうか、このブログ、見てくれている人、
いるのか(´・`)ソボクナギモン)


(・ω・)デハマタ

芝の状態は最高

もんきちのパークゴルフ・芝の上リハビリトレーニングも今日で4回目です。 

本日も登別の東町パークゴルフ場ぴかぴか(新しい)



ボランティアの皆さんが芝刈りしています、

「ご苦労様ですわーい(嬉しい顔)

芝の状態は最高、、、、”エクセレント”です(欧米か!)




「おーい、一緒にまわるかぁー」と声を掛けてくれる人、そう、昨年度の東町パークゴルフ場の年間チャンピオン、KURAさん登場。


このKURAさん、パークゴルフの技術、メンタル的なことなどをとても親切に教えてくれる、もんきちの師匠の一人なんです。


3年半ぶりくらいの再会ですが、ふわり浮き球やフック打ち・スライス打ちなど”技のデパート”健在ですねひらめき

目からうろこ、落ちまくりです目



まだまだ勉強中のもんきちでした(・ω・)v

第15回JALカップ全日本選手権の結果

第15回JALカップ全日本選手権が大盛況のうちに幕を閉じました目

結果は、

男子 優勝  萩 史之さん(帯広)
   準優勝 横道 和夫さん(帯広)
   第3位 長嶋 忠之さん(芽室) 

女子 優勝  佐々木 トミ子さん(士幌)
   準優勝 及川 キミ子さん(紋別)
   第3位 石森 涼子さん(帯広)

でした。


胆振勢はどうだったんでしょうか。とても気になります(~ヘ~;)

天才野生派・赤谷良文さん(登別)、努力の美人ゴルファー・牧野信子さん(登別)はどうだったのかなぁ。('-'。)(。'-')。


近日、テレビ放送もあるんですよね、確か。

必ずチェックしよっ(’-’*)

芝の上で実践練習スタート

第15回JALカップパークゴルフ選手権大会、いよいよ今週末にせまってきましたゴルフ 
(2009年9月12日(土)13日(日)開催です)


開催地、ずっと幕別だと思っていたのですが、今年は新得町なんですね。

新得町ってどのへんなんだ・・・と思って調べてみると、北海道の真ん中=旭川と帯広の間くらいのところでしたひらめき

開催コースは、「サホロリバーサイド運動公園PG場(新得町)」と「しかりべつ川公園パークゴルフ場(鹿追町)」。

どんなコースなんでしょうか・・・謎です位置情報


参加選手の皆さん、コンディションに注意して日頃の練習の成果を存分に発揮してくださいグッド(上向き矢印)

そして「もんきち」も来年は参加しますので、よろしく
(すっかり予選通過したつもりになっているあせあせ(飛び散る汗)




さて、第16回JALカップパークゴルフ選手権大会まであと一年となったわけです。そして、予選会までは10ヶ月。

「それでは芝の上で実践練習スタート」というわけで、3年と2ヶ月ぶりにパークゴルフ場へ練習にいってきました。

場所は登別の「東町パークゴルフ場」(全18コース)。

東町PG1

ローカルコースですが、芝の状態は最高で手入れの行き届いているナイスコースですぴかぴか(新しい)

東町pg2.jpg

しかもこの東町パークゴルフ場、「無料コース」なんです。



もう一度いいます・・・ただですよ、ただ。



あとで請求書が郵送されてくるとかもありませんがく〜(落胆した顔)

ボランティアの方々に感謝です。




「もんきち」の”パークゴルフ リハビリコース”に選定された東町パークゴルフ場。

将来、『あの「もんきち」を産んだ、伝説のパークゴルフ場』としてフューチャーされる日が来ることでしょう。

JALカップ全日本選手権大会結果を考察

JALカップ全日本選手権大会、ここ最近の結果について考察してみましょうか。

2004年、第10回JALカップ全日本選手権大会結果(平成16年9月11日〜12日 幕別つつじ・サーモンちろっとの森コース)
男子
優勝 尾崎巌 196 音更町
準優勝 小林秀光 196 本別町
第3位 横道和夫 197 帯広市
第4位 大西正美 197 帯広市
第5位 高橋弘志 197 清水町
第6位 太田昌享 199 岩見沢
第7位 福田臣男 199 北見市
第8位 大屋正志 199 岩見沢
第9位 丸山忠一 199 松前町
第10位 服部久雄 200 上富良野
第11位 小柏忠博 200 幕別町
第11位 熊谷勝夫 200 帯広市
第11位 川岸政彦 200 帯広市
第11位 山本智彦 200 札幌市
第11位 森嶋隆 200 別海町
第16位 藤原龍一 201 帯広市
第16位 吉村正則 201 北見市
第16位 鈴木義則 201 北見市
第16位 大江征二 201 札幌市
第16位 下川原健一 201 幕別町
第16位 中林末吉 201 北見市

女子
優勝 山本妙子 205 岩見沢
準優勝 塚本千鶴子 206 幕別町
第3位 増谷玲子 207 幕別町
第4位 高橋加代子 208 千歳市
第5位 堀内由紀子 208 遠軽町
第6位 長谷川京子 209 石狩市
第7位 北嶋やす子 209 音更町
第8位 小笠原トシ子 209 足寄町
第9位 伊部安子 210 苫小牧
第9位 本郷キミ 210 帯広市
第11位 佐藤チイ子 211 恵庭市
第12位 谷保厚子 212 帯広市
第12位 斉藤怜子 212 池田町
第12位 河井美代子 212 芽室町
第15位 大道優子 213 中標津
第15位 広沢良子 213 帯広市

2005年、第11回JALカップ全日本選手権大会結果(平成17年9月10日〜11日 鷹栖丸山コース・セントコース)
男子
優勝 横道和夫 帯広市 190
準優勝 萩史之 帯広市 194
第3位 吉田哲二 上士幌 196
第4位 川村嘉市 芽室町 196
第5位 尾崎巌 音更町 196
第6位 小林秀光 本別町 197
第7位 遠山順一 滝上町 198
第8位 竹内幸雄 別海町 198
第9位 後藤信 旭川市 199
第10位 太田昌享 岩見沢 200
11 篠原和弘 八雲町 201
12 大屋正志 岩見沢 201
13 北本栄男 旭川市 201
14 赤谷良文 登別市 201
15 松田守 森町 201
16 高橋浩人 岩手県 201
17 小柏忠博 幕別町 202
18 阿部裕晃 恵庭市 202
19 長田明洋 江別市 202
20 山本和夫 恵庭市 202

女子
優勝 堀内由紀子 遠軽町 206
準優勝 石森涼子 帯広市 207
第3位 山本妙子 岩見沢 207
第4位 佐々木寿恵子 富良野 208
第5位 本郷キミ 帯広市 208
第6位 高橋律子 帯広市 209
第7位 河井美代子 芽室町 210
第8位 猪口千枝子 旭川市 211
第9位 佐々木静枝 旭川市 211
第10位 紙谷みちる 江別市 211
11 湯山ひろ子 本別町 212
12 山田のり子 札幌市 212
13 小林正子 江別市 212
14 谷保厚子 帯広市 212
15 柴崎紀美子 北見市 212
16 坂下博子 帯広市 212
17 佐藤チイ子 恵庭市 212
18 土屋公子 網走市 213
19 松本春美 札幌市 213
20 長谷川京子 石狩市 214

2006年、第12回JALカップ全日本選手権大会結果
男子
優勝 横道和夫 帯広 201
準優勝 鈴木義則 北見 208
第3位 森本行雄 釧路 208
第4位 太田昌亮 岩見沢 209
第5位 亀山勝美 函館 210
第6位 手林健治 札幌 210
第7位 赤谷良文 登別 210
第8位 平紀昭 釧路 211
第9位 川村嘉市 芽室 212
第10位 服部久雄 上富良野 212
11 祐川正 松前 213
12 長谷山博 旭川 214
13 仁木高義 千歳 214
14 田村常孝 旭川 214
15 竹内幸男 別海 215
16 徳山孝雄 早来 215
17 藤原悦郎 根室 215
18 山田進 北広島 216
19 室谷明雄 清水 216
20 伊東時晴 下川 216

女子
優勝 小林スエ子 清水 213
準優勝 内田喜美子 旭川 215
第3位 石森涼子 帯広 216
第4位 堀内由紀子 遠軽 218
第5位 阿部房子 恵庭 218
第6位 谷保厚子 帯広 219
第7位 村田美都里 釧路 219
第8位 佐々木静枝 旭川 221
第9位 渡部敦子 札幌 221
第10位 吉川良子 士別 221
11 本郷キミ 帯広 221
12 泉節子 札幌 221
13 竹田末子 岩見沢 221
14 川村純 千歳 222
15 吉田琴 上富良野 222
16 田中真佐子 紋別 223
17 脇山悦子 蘭越 223
18 住吉洋子 蘭越 223
19 斉藤清乃 札幌 224
20 狩野佳子 士別 224

2007年、第13回JALカップ全日本選手権大会結果
男子
優勝 萩史之 帯広市 199
準優勝 赤谷良文 登別市 206
3 小柏忠博 幕別町 206
4 佐々木清 富良野 206
5 竹内幸男 別海町 206
6 室谷明雄 清水町 207
7 平紀昭 釧路市 207
8 伊藤勝夫 上士幌 207
9 吉田哲二 上士幌 207
10 新宅誠 紋別市 209
11 西下義光 稚内市 209
12 後藤勝一 訓子府 210
13 横道和夫 帯広市 211
14 森正実 上湧別 211
15 佐藤義晴 札幌市 211
16 田嶋忠 旭川市 211
17 千種隆 音更町 211
18 太田昌亨 岩見沢 212
19 志賀伯雄 清水町 212
20 小原恵二 鹿追町 212

女子
優勝 吉田真知子 帯広市 217
準優勝 大久保ミヨ子 訓子府 218
3 佐々木トミ子 士幌町 221
4 坂下博子 帯広市 222
5 牧野信子 登別市 222
6 田中真佐子 紋別市 222
7 亀田友江 上湧別 223
8 福田昌子 雄武町 223
9 泉節子 札幌市 225
10 高橋律子 帯広市 227
11 小林スエ子 清水町 227
12 堀内由紀子 帯広市 227
13 萩原久美子 帯広市 228
14 竹田末子 岩見沢 228
15 阿部芳子 栗山町 228
16 桑田秀子 上富良野 229
17 本郷キミ 帯広市 229
18 小崎とよ子 別海町 230
19 馬蜂幸子 釧路町 230
20 山本妙子 岩見沢 230

2008年、第14回JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会結果
男子
優勝 宮尾正信 苫小牧市 201
準優勝 亀山勝美 函館市 207
3 千種隆 音更町 207
4 河原英昭 白老町 207
5 石田厳嗣 白老町 208
6 小原恵二 鹿追町 208
7 坂本光春 松前町 208
8 高杉勝弘 苫小牧市 209
9 萩史之 帯広市 209
10 出合勇治 旭川市 210
11 福田臣男 北見市 210
12 吉田修一 帯広市 210
13 手林健治 札幌市 210
14 宮野勝 旭川市 210
15 五十嵐武義 苫小牧市 210
16 大塚一正 帯広市 211
17 堀内勲 苫小牧市 211
18 熊谷勝夫 帯広市 211
19 川添時男 旭川市 211
20 目黒直司 苫小牧市 212

女子
優勝 谷保厚子 帯広市 209
準優勝 丸山みちよ 中川町 212
3 菊地和恵 七飯町 213
4 石森涼子 帯広市 213
5 菊池朋子 倶知安町 214
6 長谷川京子 石狩市 216
7 阿部房子 恵庭市 216
8 新飯田幸子 恵庭市 216
9 工藤みき子 苫小牧市 217
10 川瀬一子 江別市 217
11 牧野信子 登別市 217
12 松芳フミ子 白老町 218
13 柳沼千代子 恵庭市 218
14 堀内由紀子 帯広市 218
15 栄花タケ子 喜茂別町 219
16 小川規子 倶知安町 219
17 田嶋百合子 新ひだか町 219
18 佐藤芳子 函館市 220
19 阿部良子 栗山町 220
20 高橋律子 帯広市 220


JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会のように各地持ち回りの開催の場合、地元有利というありますね。

しかし、そんな中でも複数回ベスト20位に食い込んでいる猛者も見受けられます。
やはり「上手い人はどこでやっても上手い」ということでしょうか。


七月に入ると、各地で予選会が開催されます。

私の住んでいる胆振地区の予選会は7月12日(日)に遠浅「木のサイロパークゴルフクラブ」で開催されるようです。

頑張れ胆振戦士。応援しています(・ω・)/”エイエイオー

はじめまして

パークゴルフ大会の最高峰「JALカップパークゴルフ全日本選手権大会」出場を目指す実録ブログです(・ω・)ヨロピク

パークゴルフは北海道では超メジャースポーツ。近所のパークゴルフ場は、平日でもプレイヤーがウヨウヨいます。年配の方が多いですが、そのレベルの高さには驚かされますよ。

それもそのはず、雨風かまわず毎日プレーしているんですから上手いはずです。自称、職業「パークゴルファー」みたいな人がしのぎを削っているんです。

自分の目標は、来年度(2010年、開催地未定)の第16回大会出場。

「なぁ〜んだ、今年2009年じゃないのかよ」と思ったあなた、JALカップをなめてはいけません。日本チャンピオンを決するパークゴルファー憧れの大会、参加選手のレベルは半端じゃあ〜りません。しかも、なんとTV中継もあるんですよ。

ちなみに今年2009年(第15回 JALカップパークゴルフ全日本選手権大会)の開催地は聖地”幕別”。(パークゴルフは幕別で誕生しました)

ちなみに、自分の現在の実力は・・・(・ω・)???

以前、結構はまっていて集中してやっていたのですが、ここ3年くらいは全くパークゴルフやっていません。

「えっ、え〜(゜ロ゜;) 」

「おまえが一番パークゴルフなめてんじゃん゛(`ヘ´#) 」って、つっこんだあなた、正解です。

でも、その方がドラマチックでおもしろいでしょ。あなたを「歴史の目撃者」してあげます(この根拠のない自信、コワイ( ̄ロ ̄lll))

それでは、どうぞお付き合い下さいませ(・υ・)